埼玉森林インストラクター会
地形・地質

  埼玉県は関東地方のほぼ中央に位置する内陸県で、東西約103km、南北約52km、県土面積3,797km2で、全国で9番目に小さい県です。
 地形は、2,000m級の秩父山地が連なる西部、秩父山地から続く丘陵、台地からなる中央部、低地が続く東部と、西から東に向かって標高が低くなる地形となっています。秩父山地の甲武信岳を源流とする荒川が県のほぼ中央を流下し、県北部から東部にかけての県境を利根川が流れています。
 地質は、西部の山地は秩父中古生層の堆積岩などからなり、中央部の丘陵、台地は関東ローム層の厚い土壌に覆われた洪積層の堆積岩が広がり、東部の低地は沖積層が分布しています。

植生

↑埼玉の森林index