埼玉森林インストラクター会
2017年2月1日

埼玉森林インストラクター会研修会



報告・太田 俊雄

 2月1日(水)参加者12名により東松山市民の森・鳩山町石坂の森で行われました。

 はじめに、冬芽についてレクチャー受け、これから歩く森の概略説明の後スタート。 早速、ウワミズザクラとヤマザクラの観察。芽鱗の数は、芽鱗の先は開いているか(ヤマザクラ)、落枝痕は有るか(ウワミズザクラ)、維管束痕は何個・・・。 図鑑を開きルーペを覗きながら確認。その後、シデの仲間・アオハダ・ヤブムラサキ・ヤマコウバシ・エゴノキ・・・と続き、 かたわらを散歩する方々は、いったい何をしているんだろうと怪訝な顔をして通りすぎていきました。石坂の森の見晴台までわずか1km足らずを2時間半。 さすが森林インストラクターの皆さん、時間をかけてしっかりと観察していました。

 後半は少しスピードアップ。石坂の森・中の尾根道から広場まで下り、東の尾根道を登りかえし出発点の物見山駐車場に戻り14:40頃解散しました。

 この間、観察した冬芽はざっと30種近く。風もなくおだやかな日和のなか、有意義な観察会でした。


ヤマザクラ
ウワミズザクラ

イヌザクラ
ガマズミ

コバノガマズミ
リョウブ

カラスザンショウ
クサギ

エノキ
ムクノキ


↑活動の記録indexへ