埼玉森林インストラクター会
2003年7月13日

平成15年度
埼玉森林インストラクター会研修会


荒川源流域に、鉄砲堰を知る
報告・木口明浩


 「これは川ではない、滝だ」と驚愕したのは、オランダ人技師デレーケでした。明治時代に河川工事のために来日した彼は、日本の川をそう評しました。山国である日本は、川の幅が狭く距離も短いのでおのずと河床の勾配もきつくなるのです。このため降った雨は一気に川に流れこみ、流量が急激に増加するという特性をもっています。一方、海外の川はというと、いくつもの国をゆっくりと横断するスケールでとても対照的です。日本の川は、狭くて流れが速い点で世界的に極めて稀な存在なのです。
 この特異な環境を巧みに利用したものが「鉄砲堰」です。鉄砲堰は源流域で伐採された木材を運び出す方法のひとつです。木組みのダムを設け、水をいっきに放流することで木材を下流に押し流します。
 それでは、鉄砲堰とはどんなものか具体的にその仕組みを紹介します。

●運材
林地または山土場に集材された木材を市場あるいは中継すべき交通機関まで運搬することを運材という。
運材方法にはトラック、索道や、森林鉄道等の陸上運材といかだ、船などの水上運材に大別される。

●鉄砲堰
宝暦年間(1751〜64)に奈良県吉野の池田五良兵衛が発明したと伝わっているが正確なところはわからない。
「越中式」と「秋田式」がある。大井川流域では明治30年代に木曽地方の人々が伐採・流送を行っていたため、 越中式を木曽式と呼んでいたというが、その後明治40年代前後から越中さん(木材流送技術者)が 中心になったため越中式鉄砲堰と呼ばれるようになった。それぞれの特徴は以下の通りである。

型式

秋田式

越中式

規模

小規模

大規模・長期間使用可能

構造

・ケタという横棒を渡す

・このケタにタチキとよぶ丸太を立てかける。(長さ4m)

・イレギを横に組み上げる。

放水

・「小坊主」とよぶ止め木に結んだ紐を外す。

・「大坊主」と呼ぶ板が外れる。

・「鉄砲板」が下から順に開く。

・「鉄砲板」が上から順に開く。

●中津川型の特徴
大滝村にいつ頃伝わったのかは不明で、大正時代に静岡県大井川の井川地域と交流があったことから、この時期に秋田式と越中式の両方が導入されたと考えるのが自然だろう。但し、本来の秋田式と越中式と比較すると異なっており、基本的には両者の構造を継承しながら融合した独自のスタイルが見られる。

■2003年7月13日(土)
 3年前に再築されたという鉄砲堰を再現するために、民宿「中津荘」山中氏の指導の下、貯水作業を行った。
 先ず、大坊主(長い板)を中央に立てかける(写真1)。これを中心として左右対称にベラ板(鉄砲板)を横にしてはめ込み、上流からの水をブロックする。(写真2)

写真1
写真2

 板は下から順に積み上げていく。このとき板と板の隙間から水が漏れてくるのを塞ぐための苔を採取するとよい。(写真3) はじめは面白いように水が貯まっていく。水位が上がるにつれて心が躍る。ちょろちょろと流れ出る渓の音とコマドリの鳴き声だけが聞こえる。静寂の中、堰は着々と水のエネルギーを貯めこんでいく。この力が一度に開放されたときの破壊力たるやいかなるものかと想像するだけで興奮してくる。人間はモノを作る動物だが、破壊することにも喜びを感じてしまうのだと思った。童心のいたずら心が刺激されるからだろう。(写真4)
写真3
写真4

 順調に貯まりつづけた水は時間の経過につれ、水位の変化が落ち着いてくる。 河床から上がると川幅が広がるのでその分体積が大きくり、劇的に貯まることはなくなるからだ。さらに、貯まった水量の分だけ水圧が大きくなるため、底部の水漏れを完全に防ぐことが難しくなってくることも手伝っている。 今回は「体験」ということから、水位が適当になっきたところで放流することにした。そしていよいよ全参加者が見守る緊張感の中、放水の時が来た。皆のカウントダウンとともに、ナカザオ(小坊主)に結び付けられたロープを岩田会長と竹淵氏が引く。パカンと木と木がぶつかり合って二つに割れたかのような音が一瞬早く響き、その音に遅れるか遅れないかのタイミングで「ごごごうっ」と唸るような低い水の音が響く。貯まった水が我先にと堰の入り口に向かって突進していった。我慢に我慢を重ねた力がついにその限界を破り、自由に解き放たれた瞬間だった。思わず堰の下流側へ駆け出した。目にした光景に息を呑む。茶色く濁った水流が勢いよく滑り出し、獲物を襲うかのように、どっと繰り出していった。何もかも飲み込んでやるとばかりの力強さだった。誰一人、口を聞く者はいなかった。もう手の付けられない圧倒的な力を前にどうすることもできない。台風直後の大水が出たようなありさまを、ただじっと見守るだけだった。


記録映像(ダイジェスト版)
movie by 江原俊雄

プレーヤー下中央の をクリックして下さい。

■おわりに:
 この方法は人馬での移送に比べれば格段に効率的ですが、現代の市場経済は国境を越え、高効率、低コストを追求していますから、とてもたちうちできない非現実的な方法だと思います。しかし、そうかといって風土から発達した技術が後世へ受け継がれず、なくなってしまうことがよいことなのでしょうか。
 長期的にみたときに、「培われた技術は淘汰されていった。」ですまされるのかどうかは今の時点ではっきりと分かりません。大切なのは、その土地に適した方法が生まれ、利用されてきた事実を知り、その知恵を理解することだと考えます。そこにヒトが自然と共生していくためのヒントがつまっているのではないでしょうか。
 国土が狭く、急峻な山国に暮らすデメリットは大きいものです。昔から人々は治水に悩み、それぞれの工夫で災害から身を守ってきました。生活を脅かすほどのこの大きな力を逆に利用しようという企みは、まんまと成功したのです。自然は恐ろしい面をもっているものの、この国が雨量に恵まれていることで黙っていても木が育ち、森が存在するということは大きな恩恵であり無視できません。このことはとても幸運なことです。
 私たちは、ともすると生まれてから当たり前のように育った環境や普段なにげなく目にするもののありがたみをつい忘れがちです。鉄砲堰の復元を通して、水がもたらす恵みをあらためて認識し感謝したいと思います。

参考文献:特別展図録『鉄砲堰ってなんだ』(1998)さいたま川の博物館

↑活動の記録indexへ